TVチャンピオン 田村シェフ

昨年放送された、TVチャンピオン「クリスマスパティシエ選手権」で優勝された、田村シェフがプロフーズ神戸店に試作用の材料をお買い求めに来店されました。
この度、念願のお店を出されるとのことなので、お話を聞きました。



田村泰範シェフ
略歴
・1970年大阪府に生まれる。
・子どもの頃からケーキ屋さんにあこがれ、大阪あべの辻製菓専門学校卒業後、名古屋ヒルトンホテルを経て、神戸の洋菓子店で修行。
・全国洋菓子コンテスト、ジャパンケーキショー金賞など数々の輝かしい賞を受賞。

・2005年「TVチャンピオン」第21回クリスマスパティシエ選手権で優勝。

・2006年奈良県香芝市にオーナーシェフとして「Stella Lune」(ステラリュヌ)をオープン(2006/2/20)⇒お店の紹介

TVチャンピオンまでの道のり

TVチャンピオン出場が決定し、「絶対チャンピオンになるッ!」という闘志がメラメラと燃え始めます。
第一ラウンドは「ダメ親父にクリスマスケーキの作り方を教える」というテーマ。
今まで素人に教えるという経験が少なかったため、今までケーキを作ったことのない知り合いのお父さんに、教える練習をしました。初心者の人が分かりにくい事は何か、どのように教えると分かりやすいかということをチェックして、湧き立つ闘志を胸に、いざ出陣!
第一ラウンド、田村シェフが教える相手は築地のまぐろ問屋社長の渡辺さん。
田村シェフの指導は、まさにスパルタ!築地の威勢の良い社長に厳しくもコツはしっかりと教え込みました。
そして…初心者のお父さんが作ったとは思えないようなクリスマスケーキを渡辺さんは作り上げ、見事予選通過!
仕事は体で覚える、という築地の男だけに、田村シェフのスパルタ指導が効果的だったのかもしれませんね。

試作をするシェフ。その眼差しは真剣そのもの。まるで命が吹き込まれていくように、お菓子ができあがっていく様子を見ているだけでドキドキワクワクさせてくれます。

きっとこのような日々の努力がチャンピオンへと導いたのでしょう。


決勝ラウンドは「1000円クリスマスケーキ勝負」
わずか1000円という予算で豪華でおいしいクリスマスケーキを作る勝負。
ここでも田村シェフの闘志は燃えに燃えました。1000円という限られた予算でも、食べる人に魅力や感動を!と思い、見た目、味ともに工夫を凝らしたケーキを来る日も来る日も試行錯誤しました。
そしてできたケーキは…サンタが顔を覗かせたホワイトチョコのクリスマスツリー。ただただ「うわぁ~!」と、ビックリして、さらにその中にどんな世界が広がっているのか気になってしょうがない!
ドキドキしながら開けてみると、キャンドルに火を灯しているかわいいサンタさんが登場!
まさに「サンタの国のクリスマス」!見た目でも味でも感動を与えてくれました。
そして、見事チャンピオンの座を獲得した田村シェフ。本当におめでとうございました!

TVチャンピオンも認めた、プロフーズの品揃え!

今回のTVチャンピオンの試作のための材料を買う為に、田村シェフが「プロフーズ」に来店してくださいました。製菓製パン材料の売り場でいろいろな商品を手に取り、じっくりと選んで、材料を購入していただきました。
プロフーズの材料を使って、これらのケーキが作られたと思ったら、なんだか嬉しくなりますね。
しかも田村シェフから「品揃えが十分で、明るく落ち着いた雰囲気の中でじっくりと買い物ができるし、ご家庭でのお菓子作りのバリエーションをさらに広げるでしょうね。お菓子作りをする人にとっては本当に便利で、頼もしいお店だと思います」と、お褒めの言葉も頂きました◎


次のページへ